千葉県のインプラント治療は京葉インプラントセンターへ
HOME>インプラントQ&A

インプラントQ&A

インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
ほとんど痛みはありません。
インプラント手術は、麻酔をかけたうえで行い、生体モニターなどを用いて、痛みのコントロールを行ったりもしますので、抜歯と同じ程度でほとんど痛みはありません。
インプラント治療期間中に食事は普通にとれますか?
歯肉の状態が安定してきたら問題なくお食事いただけます。
手術した後、通常は4~5日程度は、なるべく固いものは避けることをお勧めしています。 抜糸をしてから歯肉の状態が安定してきたら問題なくお食事いただけます。
インプラントはどれぐらい持ちますか?
インプラント自体はチタンという金属製なので半永久的に機能します。
しかし、メンテナンスがしっかりできていないとインプラント周囲の骨が痩せてきて 動いてしまいます。長く機能させるためにも、メンテナンスが重要です。
インプラント治療をして身体に影響はありませんか?
体に全く影響はありません。
インプラントに使われる金属(チタン)は世界中でも最もアレルギーの起こりにくい金属と言われています。 骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。
インプラント治療に年齢制限はありますか?
年齢の上限はありません。
また、骨の成長がほぼ完了すると言われている16歳以上であれば、条件さえ整えば、どなたでもインプラント治療を受けられます。
インプラント治療後に痛みや腫れはありますか?
全身の状態によって個人差はありますが、痛みを感じる場合がございます。
しかし、手術後の痛みや腫れは、傷を修復しようとする体の反応で起こるものですので、ご安心ください。鎮痛薬と抗生剤を服用することで2~3日程度でおさまります。
インプラント治療は歯周病でも大丈夫ですか?
インプラントのリスクは歯周病とも言われるように、基本的には不適応です。
しかし、ブラッシング指導を受け、歯石を取って歯周病治療をしっかり行い、歯周病のコントロールをすることで、治療が可能になります。もちろん、完治された後の治療が望ましいです。
インプラントのメンテナンスはどうするのでしょうか?
基本的には、天然歯と同じです。
家庭内では毎日の歯みがきが大事です。 歯と歯の間を掃除するデンタルフロスや歯間ブラシを用いるとより効果的です。また、歯科医師による定期健診も重要です。インプラントには神経が通っていませんので異常を発見することが天然の歯よりも遅れがちです。初年度は年に3~4回、2年目以降は年に1回を目安に定期検診を受けることをおすすめします
タバコを吸うとインプラントに影響しますか?
治療期間中、治療後も禁煙していただくことをお勧めします。
喫煙者のインプラントの成功率は、非喫煙者に比べる明らかに下がると言われています。また、歯周病になりやすくなるとも言われています。長い期間維持するのも大事なことですので、治療期間中、治療後も禁煙していただくことをお勧めします。
妊娠中にインプラント治療の手術はできますか?
出産後の手術が望ましいです。
一般的には妊娠期間中は制限されますが、安定期であれば出来る治療もあります。しかし、診査の段階での放射線や精神的ストレスを考えると出産後の手術が望ましいです。