千葉県のインプラント治療は京葉インプラントセンターへ
HOME>インプラントの術式

インプラントの術式

術式一覧
GBR(骨再生誘導法)
骨の量が足りない場合に骨を足す(骨造成する)ことでインプラント治療を可能にする方法です。
スプリットクレスト
骨の高さはあるが幅が足りない場合に、隙間を押し広げながらインプラントを埋め込む方法です。
ソケットリフト
上顎の奥の骨が薄い場合に鼻の空洞の中を押し上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
インプラントを埋める部分から押し上げるので、傷口が小さくて済む点がメリットです。
サイナスリフト
上顎の奥の骨が極度に薄い(5mm未満)場合に、口の中から鼻の空洞に穴を開け、骨を足し(骨造成)、そのあとにインプラントを埋め込む方法です。ソケットリフトとの違いは上の顎の奥の骨の厚さに依存するところです。
無切開手術(フラップレス)術式
切開・剥離・縫合を省いた術式です。手術時間が短縮され、出血もほとんどないため術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる点がメリットです。
即時(即日)荷重インプラント
インプラントの埋入手術を行い、48時間以内に仮歯をつけられるという方法です。固定式の歯で食事も可能になりますが、条件が限られた方にしか行えない診療方法でもあります。
抜歯即時インプラント
歯を抜くと同時に、その穴にインプラントを埋入する方法です。手術が1回で済むことでの短期化、切開が不要なことで腫れにくく、痛みが少ないなどのメリットがあります。
お話を伺い患者様の状態をしっかり把握させて頂いた上で治療法の選定を行います。