千葉県のインプラント治療は京葉インプラントセンターへ
HOME>インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは
インプラントインプラントは失われた歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して咬み合わせを回復する治療法です。
義歯などと違って固定性があるため、自分の歯と同じように噛むことができるようになります。
人が物を噛むとき、歯には想像以上の力がかかります。
インプラントであれば、部分入れ歯やブリッジを用いたときのように健康な歯に負担をかけることなく機能性を回復できる上、外観も天然歯と同じように仕上げることができますから、歯を失う以前と同じように生活することができます。
歯を埋めるということは痛い、怖い・・・などの不安もあることと思います。
しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。

また、当院では皆様方が安心して受診していただける様、 東京歯科大学との連携により様々な症例に対応しております。
インプラント成功の鍵
当医院ではまず精密検査を行い診断し、治療計画を立案、現在の状態・治療方針ならびに治療方法・ご予算などについて説明し、ご理解・ご納得いただいた後、治療に入ります。
インプラントに失敗した、というお話を聞いてインプラント治療の有効性に疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思いますが、インプラントは技術の確立された治療法ですから、術前に入念な準備を行えば失敗することはほとんどありません。
価格で安易に判断なさらずに、術前の診断と術後のメンテナンスをしっかりとしてくださる医院を選ばれるのが良いと思います。

IGI インプラントシステム
IGI インプラントシステム口腔内のCTスキャニングによって得られた患者さんのデータを基に、三次元画像を作成することのできるシステムです。
このシステムを用いると手術前に精密なシミュレーションを行うことができるため、より精密な手術を行うことができます。
メンテナンス
普通の歯にとって悪い影響があるように、インプラントにとってもバイオフィルムはよいものではありません。 海岸歯科室では、治療の終わられた患者様に1ヶ月から3ヵ月に1回定期健診を行い、このバイオフィルムを除去する目的で口の中のクリーニング(PMTC)を行う事により、バイ菌をコントロールして術後のケアを行っております。
また、インプラントは寝ている間の歯軋りなどに弱いため、咬み合わせの調整同時に行っていきます。
行わなかった場合、せっかく埋入したインプラントを取り外さなければならなくなってしまうことにもなりますので、定期的なメンテナンスは必ず受診してください。

メンテナンスの流れ
メンテナンスの流れ
※PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
PMTCとは、 歯垢、歯石、色素沈着の除去とそれらをつきにくくし、そして歯や歯肉を強化する事を目的としたクリーニングで特別な器械、 器具を使い歯肉、歯の表面、歯と歯の間を1本づつ丁寧に磨きあげていきます。
※バイオフィルム
バイオフィルムとは、 普段のブラッシングでは絶対に落とすことの出来ない歯垢で、 歯の表面に膜状にこびりついた細菌の塊です。歯周病、ムシ歯、口臭の原因になります。
PMTCにより落とす事ができますが、3ヵ月程度で再形成されます。 したがって3ヵ月ごとの定期健診をお勧めしています。